総コレステロールの検査は、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞のリスクを血管内の健康状態を見るうえで重要な役割をしています。

総コレステロール(T-Cho)

コレステロールという言葉を聞いて多くの方は、動脈硬化や脂質異常症(高脂血症)の原因物質としてあまり良いイメージは持たれないことと思います。しかし、コレステロールには、人間の体を形作るうえで重要な細胞の細胞膜の成分としての働きやホルモンの一種であるステロイドホルモンなどの材料として重要な役割を持っています。
コレステロールには善玉と悪玉が存在します。善玉はHDLコレステロール、悪玉はLDLコレステロールがあり、HDLコレステロールは血管内のコレステロールを肝臓へ運び込み、LDLコレステロールは肝臓から血管内へコレステロールを運び出す働きを持っています。
しかし、いくら体にとって重要な働きを持っているとは言ってもコレステロールが体内に多い状態は、脂質異常書(高脂血症)や動脈硬化を引き起こすリスクを高めますので良い事ではありません。近年、日本人の欧米化により総コレステロールの値が高い状態にあり、同時に動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まっています。

総コレステロール(T-Cho)の基準値

血液検査項目 基準値(参考値)
血液検査名称 略称 数値 単位
総コレステロール T-Cho 140~219 mg/dl
 

総コレステロール(T-Cho)検査の目的

総コレステロールの検査は、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞のリスクを血管内の健康状態を見るうえで重要な役割をしています。動脈硬化を早める因子として、コレステロール値を代表とした脂質異常症(高脂血症)の他に高血圧や糖尿病などの疾患があります。更に生活習慣としては喫煙習慣やストレスが高まりやすい生活においても大きな要因として知られています。

 

総コレステロール(T-Cho)の検査結果からわかる病気

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 ACTHの長期投与、LCAT欠損症、Weber-christian病、vonGierke病、ストレス、ネフローゼ症候群、下垂体機能低下症、家族性高コレステロール血症、肝癌、急性アルコール性脂肪肝粥状硬化性疾患-冠硬化性疾患、経口避妊薬服用、甲状腺機能低下症、散発性高コレステロール血症、糖尿病、肥満症、閉塞性黄疸、末端肥大症
基準値より低値 アジソン病、α-リポタン白欠損症、悪液質、肝細胞障害、経静脈高カロリー輸液、甲状腺機能亢進症、消化不良症候群、低β-リポタン白血症、貧血、無β-リポタンパク血症
【備考】
脂質異常症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)
高LDL-コレステロール血症 :LDL-コレステロール ≧140mg/d
低HDL-コレステロール血症 :HDL-コレステロール <40mg/dl
高トリグリセリド血症     :トリグリセリド      ≧150mg/dl
※参考:高コレステロール血症の診断基準  総コレステロール≧220mg/dl 

【関連項目】 
総ビリルビン直接型ビリルビン総たんぱくアルブミンコリンエステラーゼチモール混濁試験硫酸亜鉛混濁試験AST(GOT)AST(GOT)ALT(GPT)γ-GTPアルカリフォスファターゼロイシンアミノペプチターゼ乳酸脱水素酵素インドシアニン・グリーンアンモニア総コレステロールB型肝炎ウイルス表面蛋白抗原C型肝炎ウイルス核酸定性C型肝炎ウイルス核酸定量
HDLコレステロールLDLコレステロール中性脂肪
 

総コレステロール血液検査結果の注意点

総コレステロールの一般的な基準値は、140~219mg/dlですが、閉経後の女性は、ホルモンの影響により上昇する傾向があるため別途総コレステロール値の基準値が定められており、150~239mg/dlとしています。もちろん、総コレステロール値の上昇しやすいため動脈硬化を引き起こしやすい傾向は高まりますので注意が必要です。
尚、総コレステロールの値は個人差が大きい検査として知られており、その大きな要因として遺伝が大きなファクターとして知られています。そのほかに、食生活、生活習慣(ストレス、喫煙など)などによって大きく左右されます。

 

コレステロール値が高かった人は病院での検査をお勧めします

総コレステロール値が基準値を大きく超えている場合は、動脈硬化のリスクを踏まえて、同系のコレステロール検査のHDLコレステロール、LDLコレステロールそのほかにも、動脈硬化の進行を確認するために眼底検査、CT、MRI、心電図、冠状動脈造影、心筋シンチなどの検査を病院では行います。

 

動脈硬化予防のためにコレステロールの多い食事を見直しましょう。

これらの検査を受けられ、動脈硬化と診断或いはリスクと診断された方は、動脈硬化進行を予防或いはリスク軽減のためにコレステロールを多く含む食生活を見直しましょう。コレステロールは、動物性脂質を多く含む食品に多く含まれていますので、バターや豚ロース肉、牛霜降り肉、エビ、卵黄など、コレステロールを上昇させる食品は、なるべく控えるようにしましょう。
コレステロール上昇の予防として、植物油や魚油等に多く含まれている「不飽和脂肪酸」、果物や海草には「水溶性の食物繊維」、キノコ類や大豆製品などにはコレステロールを低下させる作用があります。
また、HDLコレステロールは、低下することにより血液中にコレステロールが増えてしまう事になってしまいます。そのため、コレステロールは高いだけではなく、低すぎる場合にも注意が必要です。

 

その他の健康診断の検査一覧

血液検査項目 血液検査結果からわかること
肥満度 肥満度(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。
血圧 脳卒中や心筋梗塞などの原因となる高血圧や、低血圧などを判定。測定値は、日によって、また時間によって変動するので、何回か測ることが必要。 





T-Cho 数値が高いと動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまう。脂や脂肪分を多くとりがちな食生活の欧米化の影響で、高い人が増加しています。
HDL-C 血管内に付着する脂肪分を取り除き、動脈効果を防ぐことから「善玉コレステロール」と言われています。低いと心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまいます。 
LDL-C 比重の低いリポ蛋白コレステロール。いわゆる悪玉のコレステロール。
中性脂肪 体内の脂肪の主な成分でエネルギーとして利用され、余った分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。肥満、食べ過ぎ、飲みすぎで上昇し、動脈硬化や脂肪肝の原因になります。 



赤血球数 血液中の赤血球数を調べ、低いと貧血が疑われます。生理出血の増加や、鉄分が不足している場合も低くなることがあります。
ヘモグロビン 赤血球の成分のひとつで、主に血液中の酸素を運搬する役割を果しています。
ヘマトクリット 血液中の赤血球の容積の割合(%)を表し、低い場合は貧血の疑いがあります。
白血球数 白血球は、外部から進入した病原体を攻撃する細胞で、高いと感染症や白血病、がんなどが疑われます。外傷がある場合や喫煙、ストレス、風邪などでも上昇します。


尿

尿たんぱく 尿中に排泄されるたんぱくを調べ、腎臓病などの判定に用います。激しい運動の後、過労状態のとき、発熱時などに高くなることもあります。
尿潜血 尿中に血液が出ていないか調べます。陽性の場合、腎臓病や尿路系の炎症が疑われます。
血液 クレアチニン 筋肉内の物質からつくられ、尿から排泄されるクレアチニンの量を測り、腎臓の排泄能力をチェックします。高い場合、腎機能障害や腎不全が疑われます。
痛風
検査
尿酸 尿酸は、細胞の核の成分であるプリン体が分解してできた老廃物です。代謝異常により濃度が高くなると、一部が結晶化し、それが関節にたまると痛風になります。 




ZTT 血清に試薬を加えると混濁する反応を利用して、血液の濁りぐあいを測定します。濁りが強いと数値は高くなり、慢性肝炎や肝硬変が疑われます。
血清酵素 GOT GOTとGPTはともに肝臓に多く含まれるアミノ酸を作る酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に漏れ、数値は高くなります。肝炎や脂肪肝、肝臓がんなど、主に肝臓病を発見する手ががりとなります。 
GPT
γーGTP アルコールに敏感に反応し、アルコール性肝障害を調べる指標となっています。 
ALP 肝臓、骨、腸、腎臓など多くの臓器に含まれている酵素で、臓器に障害があると血液中に流れ出ます。主に胆道の病気を調べる指標となります。
総たんぱく 血清中のたんぱく質の総量。高い場合は、慢性肝炎や肝硬変など、低い場合は、栄養不良や重い肝臓病が疑われます。
総ビリルビン ヘモグロビンから作られる色素で、胆汁の成分になっています。黄疸になると体が黄色くなるのはビリルビン色素が増加するためです。

尿
尿糖 尿の中に糖が出ているかを調べ、糖尿病を見つける指標のひとつとされています。陽性の場合は、糖尿病や膵炎、甲状腺の機能障害などの疑いがあります。
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖の数値(血糖値)を調べ、糖尿病をチェックします。糖尿病の疑いがある場合は、ブドウ糖付加試験を行います。 
HbA1c 血糖検査では、血液を採取したときの値しかわかりませんが、HbA1cは120日以上血液中にあるため、長時間にわたる血糖の状態を調べることができます。糖尿病の確定診断の指標に用いられたりします。
便潜血反応 大腸や肛門からの出血に反応し、陽性の場合、大腸のがんやポリープが疑われます。