赤血球(RBC)血液検査は、貧血や多血症などを診断するために行われます。

赤血球(RBC)健康診断で行う血液検査

赤血球RBC)は健康診断で行われる血液検査の1つです。赤血球(RBC)には、酸素を運ぶヘモグロビン(血色素)が多く含まれています。この赤血球中に含まれるヘモグロビン量の不足、または、赤血球の数が減少した状態を貧血といいます。赤血球の数やヘモグロビン量が減少すると、血液が酸素を全身に送る機能が低下し、あらゆる臓器や組織が酸素不足となり、疲れやすい、だるい、息切れなどの貧血症状が出てきます。また、貧血とは逆に赤血球数が増えすぎると、血液の流れをわるくして血栓症などが起こりやすくなる赤血球増多症(多血症)となります。

赤血球(RBC)の役割

赤血球の役割は、酸素と二酸化炭素の運搬であります。赤血球は、通常の細胞が持つ核などの細胞内器官を捨て去っているため、細胞質は水とヘモグロビンで容積のほとんどを占め、それ以外は解糖系やペントースリン酸経路に関わる酵素、炭酸脱水酵素、グルコース、炭酸、Na+, Ca2+, K+, Cl− 等のイオンなどわずかであり、正常な赤血球の細胞質には顕微鏡観察で目に付く構造は無いのが特徴です。また、赤血球の形状は、両面中央が凹んだ円盤状の形であるが、それは同じ体積の球に比べ表面積が30-40%大きく、その大きな表面積のため赤血球は、酸素・二酸化炭素の交換が球状の場合よりも有利であると考えられている。赤血球は、毛細血管では折り曲げられたり変形したりして通過するが、球に比べて両面が凹んだ円盤状だと体積に比べ表面の赤血球細胞膜に余裕があるため、変形のひずみの力に対して細胞膜に掛かる力が少なくなると考えられている。

成熟した赤血球は、酸素分子の輸送に特化した細胞

成熟した赤血球は、通常の細胞が持つ核やミトコンドリア、リボゾーム、ゴルジ装置、小胞体などを捨て去り、酸素分子の輸送に特化した細胞であるので、細胞の運動能やタンパク・脂質の合成能を持たず、通常の細胞のようには多くのエネルギーを必要としないのも赤血球の特徴。しかし、赤血球でも ATP を用いての陽イオンの輸送や細胞膜やヘモグロビンなどの各タンパク質の維持のためにエネルギーを必要とします。赤血球が必要とするエネルギーは、グルコースを分解することで得られるが、グルコースの90%は嫌気性解糖系と呼ばれる多数の酵素による ATP合成経路である EMBDEN-MEYERHOF回路によって消費され ATP を産出する。

赤血球(RBC)の基準値

血液検査項目 基準値(参考値)
血液検査名称 略称 数値 単位
赤血球 RBC M 427~570
F 376~500
×10^4/μL
 

赤血球(RBC)検査の目的

赤血球(RBC)血液検査は、貧血や多血症などを診断するために行われます。貧血では、なんらかの原因によって、血中の赤血球数やヘモグロビン量が減少しています。このため、貧血の診断にはこ、赤血球を測定する血液検査が必須となります。貧血と診断された場合は、貧血の種類やその原因となっている病気について検査されることになります。

 

赤血球(RBC)検査は何を調べているのか

貧血検査では、赤血球数(RBC)、赤血球の中で鉄分を含むタンパクであるヘモグロビン濃度(Hb)、血液成分で赤血球が占める比率を示すヘマトクリット(Ht)の3つの値を調べます。赤血球を含む3つの値が正常値以下のときには貧血と診断されます。同時に、貧血の種類を分類するため平均赤血球容積(MCV)、平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)、平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)の赤血球恒数と呼ばれる値を計算します。
男女とも1μl(=1mm3)中の赤血球数が300万個以下の場合は、明らかな貧血と診断されます。逆に貧血ほど多くはありませんが、赤血球の数が増えすぎて600~800万個になることがあります。これは多血症(赤血球増多症)と呼ばれ、血液が濃くなって流れにくくなり、血管が詰まりやすくなります。

 

赤血球(RBC)の検査結果からわかる病気

赤血球(RBC)血液検査が適正範囲より大きく乖離している場合には疾患の可能性がありますので、値が乖離した原因を診療機関で医師の診察を受けるようにしてください。

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 脱水、多血症、赤血球増加症など
基準値より低値 各種貧血(鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血 など)、白血病、悪性腫瘍、妊娠など
【備考】

(参考)赤血球(RBC)血液検査による疑われる疾患

サイズ MCV
(fL)
MCH
(pg)
MCHC
(%)
疑われる疾患
正球性 80~100 26~34 32~36 溶血性貧血 再生不良性貧血 白血病 感染症 悪性腫瘍 肝・腎臓疾患など
小球性 <80 ≦25 <30 低色素性貧血 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 サラセミア症候群 無トランスフェリン血症など
大球性 >100 ≧35 ≧30 巨赤芽球性貧血 葉酸欠乏性貧血 非巨赤芽球性貧血 再生不良貧血 肝臓疾患など

赤血球やヘモグロビン量が減少する貧血は、原因によっていくつかの種類に分類されますが、前述の平均赤血球容積(MCV)と平均赤血球色素濃度(MCHC)の数値を比較することによって、それを診断することができます。

MCVが上昇しMCHCが正常

大球性正色素性貧血(悪性貧血といわれるものでビタミンB12や葉酸の不足が原因)。

MCVもMCHCも正常

正球性正色素性貧血(赤血球が脊髄で作られない再生不良性貧血、赤血球が破壊される溶血性貧血など)。

MCVもMCHCも低下

小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血のことで、鉄の欠乏によって起こり、貧血の大部分を占める)。

【関連項目】 
赤血球(RBC)ヘモグロビン(Hb)ヘマトクリット(Ht)MCVMCHMCHC

日本人に多い貧血は、鉄欠乏性貧血

日本人に最も多いのは鉄欠乏性貧血で、少しからだを動かしただけで動悸がします。原因は、赤血球の材料である鉄分の不足です。過度のダイエットなどによる栄養不足や、腸からの鉄分の吸収が不十分な場合、生理の出血や子宮筋腫などの要因となります。また、胃がんや胃潰瘍、痔、尿路障害などが隠れていて、本人に気付かないうちに出血を起こしている可能性もあります。

 

赤血球(RBC)血液検査で異常がわかったら

赤血球の血液検査で異常がわかったら再検査で正確な赤血球の数値を出し、それでも赤血球数の異常があれば精密検査を受けて貧血の原因を明らかにすることが大切です。鉄欠乏性貧血なら、栄養バランスの取れた食事を心がけ、鉄分の多い食品と緑黄食野菜を日常的にとるようにしましょう。一方、著しい貧血の場合は、悪性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、白血病などの悪性の病気であることが多いため、白血球数、血小板数(この二つは赤血球数測定の際、いっしょに測定されています)、白血球分画、骨髄穿刺などの検査を行ないます。

赤血球が少なく貧血を気にされている方は>>>>>貧血のページへ
もっと赤血球の事を知りたい方は>>>>>>>>>>>赤血球のページへ

 

赤血球(RBC)の寿命は120日

 赤血球は、骨の中心部にある骨髄で造られています。骨髄には、赤色をしたゼリー状の骨髄液が満たされており、ここにある造血幹細胞が分裂することにより血球が造られます。赤血球は始め、中心部に核のある原始的な形で生まれますが、成熟する過程でヘモグロビンが生成され、核が凝縮されていきます。やがて核は外に出され、その段階で赤血球は、完全な形となり血管内に送り出されます。赤血球は、柔軟性に富んでおり、細い毛細血管を通過して全身の細胞に酸素を運搬する事ができるのですが、古くなってくると柔軟性が失われ毛細血管を通過する事ができなくなってしまいます。そのため古くなり柔軟性がなくなった赤血球は、脾臓で破壊処理されます。赤血球の寿命は約120日とされています。1日に0.8%の赤血球が処理されているので、赤血球の量を一定に保つためには、毎日赤血球が補給される必要があります。この赤血球を作る段階で鉄やビタミンB12などが不足すると、ヘモグロビンの生成がスムーズに行われなくなり貧血が起こってしまいます。

 

赤血球(RBC)の鉄はリサイクル

 脾臓で破壊された赤血球はゴミとして処理されますが、その際に赤血球に含まれるヘモグロビンはヘムとグロビンに分けられ、赤血球に含まれている鉄分は体内でリサイクルされます。そしてヘムから鉄分が取り除かれた残りの部分は、ビリルビンという黄色い物質に変えられ、肝臓に送られて胆汁となり十二指腸に排出されます。このように体内に入った鉄はなかなか排泄されず、腸管上皮の脱落、皮膚や汗、髪の毛、爪などからわずかずつしか失われません。成人男性では1日に0.5~1mg程度失われますが、女性は生理による出血があるため毎月20~30mg失われます。平均して1日1.5~2.5mgが排泄されていることになります。鉄の排泄量はごくわずかなので、健康な状態では男子で1日1mg、女性で2mgを補充すればよいということになります。また、鉄は肝臓をはじめ脾臓や骨髄にも貯蔵鉄として蓄えられています。したがって体内で鉄が不足するとまず貯蔵鉄が使用されるため、すぐに鉄が欠乏する事はありません。貧血症状が現れるということは、貯蔵鉄を使い果たしたという事になります。

 

その他の健康診断の検査一覧

血液検査項目 血液検査結果からわかること
肥満度 肥満度(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。
血圧 脳卒中や心筋梗塞などの原因となる高血圧や、低血圧などを判定。測定値は、日によって、また時間によって変動するので、何回か測ることが必要。 





T-Cho 数値が高いと動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまう。脂や脂肪分を多くとりがちな食生活の欧米化の影響で、高い人が増加しています。
HDL-C 血管内に付着する脂肪分を取り除き、動脈効果を防ぐことから「善玉コレステロール」と言われています。低いと心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまいます。 
LDL-C 比重の低いリポ蛋白コレステロール。いわゆる悪玉のコレステロール。
中性脂肪 体内の脂肪の主な成分でエネルギーとして利用され、余った分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。肥満、食べ過ぎ、飲みすぎで上昇し、動脈硬化や脂肪肝の原因になります。 



赤血球数 血液中の赤血球数を調べ、低いと貧血が疑われます。生理出血の増加や、鉄分が不足している場合も低くなることがあります。
ヘモグロビン 赤血球の成分のひとつで、主に血液中の酸素を運搬する役割を果しています。
ヘマトクリット 血液中の赤血球の容積の割合(%)を表し、低い場合は貧血の疑いがあります。
白血球数 白血球は、外部から進入した病原体を攻撃する細胞で、高いと感染症や白血病、がんなどが疑われます。外傷がある場合や喫煙、ストレス、風邪などでも上昇します。


尿

尿たんぱく 尿中に排泄されるたんぱくを調べ、腎臓病などの判定に用います。激しい運動の後、過労状態のとき、発熱時などに高くなることもあります。
尿潜血 尿中に血液が出ていないか調べます。陽性の場合、腎臓病や尿路系の炎症が疑われます。
血液 クレアチニン 筋肉内の物質からつくられ、尿から排泄されるクレアチニンの量を測り、腎臓の排泄能力をチェックします。高い場合、腎機能障害や腎不全が疑われます。
痛風
検査
尿酸 尿酸は、細胞の核の成分であるプリン体が分解してできた老廃物です。代謝異常により濃度が高くなると、一部が結晶化し、それが関節にたまると痛風になります。 




ZTT 血清に試薬を加えると混濁する反応を利用して、血液の濁りぐあいを測定します。濁りが強いと数値は高くなり、慢性肝炎や肝硬変が疑われます。
血清酵素 GOT GOTとGPTはともに肝臓に多く含まれるアミノ酸を作る酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に漏れ、数値は高くなります。肝炎や脂肪肝、肝臓がんなど、主に肝臓病を発見する手ががりとなります。 
GPT
γーGTP アルコールに敏感に反応し、アルコール性肝障害を調べる指標となっています。 
ALP 肝臓、骨、腸、腎臓など多くの臓器に含まれている酵素で、臓器に障害があると血液中に流れ出ます。主に胆道の病気を調べる指標となります。
総たんぱく 血清中のたんぱく質の総量。高い場合は、慢性肝炎や肝硬変など、低い場合は、栄養不良や重い肝臓病が疑われます。
総ビリルビン ヘモグロビンから作られる色素で、胆汁の成分になっています。黄疸になると体が黄色くなるのはビリルビン色素が増加するためです。

尿
尿糖 尿の中に糖が出ているかを調べ、糖尿病を見つける指標のひとつとされています。陽性の場合は、糖尿病や膵炎、甲状腺の機能障害などの疑いがあります。
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖の数値(血糖値)を調べ、糖尿病をチェックします。糖尿病の疑いがある場合は、ブドウ糖付加試験を行います。 
HbA1c 血糖検査では、血液を採取したときの値しかわかりませんが、HbA1cは120日以上血液中にあるため、長時間にわたる血糖の状態を調べることができます。糖尿病の確定診断の指標に用いられたりします。
便潜血反応 大腸や肛門からの出血に反応し、陽性の場合、大腸のがんやポリープが疑われます。