白血球が多い場合、風邪や感染症、アレルギー等、白血病などの病気が考えられます。

白血球が多い・少ない時の症状と白血球の働きについて

白血球の正常値

  • 白血球は、赤血球ほど数は多くありませんが、体内の免疫機能をもつ重要な血液細胞です。

  • 血液検査では、白血球をWBCと表記される事があります。

  • 白血球の血液検査の基準値は、3,500~9,500個とされている事が多いです(医療機関により若干異なります)。しかし末梢血内の白血球数は個人差が大きく、また風邪や炎症などで検査値は短時間で変動をします。

白血球の正常値と異常値

基準値比較 白血球数(/μL) 白血球に関連する疾患
基準値より多い 50,000以上 白血病、骨髄増殖性疾患、栗粒結核、敗血症、悪性腫瘍
10,000~50,000 感染症、自己免疫疾患、代謝障害、薬物中毒、白血病、骨髄増殖性疾患、
ステロイド剤の影響、ストレス、喫煙、妊娠
基準値 3,500~9,500 正常
基準値より少ない 3,000未満 再生不良性貧血、抗ガン剤の副作用、放射線治療の副作用、薬剤アレルギー、
ガンの骨髄転移、骨髄異形成症候群、悪性貧血、脾機能亢進、腸チフス、ウイルス感染症、
骨髄線維症、粘液水腫、AIDS、無顆粒球症

白血球の種類とその基準値について

白血球の種類

白血球は顆粒を産生するかしないかで2分類に分けられ、5つの血球に分類されます。

白血球の種類と働き
 顆粒球  好中球  病原体の食作用
 好酸球  細菌を殺す
 好塩基球  損傷や感染への体の反応を強くする
 無顆粒球  単球  マクロファージ(抗体で覆われた病原体の食作用と殺菌作用)
 リンパ球  B細胞  抗体グロブリンを作り殺菌作用
 T細胞  ヘルパーT細胞
 免疫システムを活性化する
 サプレッサーT細胞
 不執拗な免疫反応を抑制する
 キラーT細胞
 ウイルスなどの異物を攻撃
 NK細胞  ガン細胞などの異物を退治する

白血球の顕微鏡画像と特徴

白血球には、好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球の5種類がある。好中球と単球は主として細菌や真菌などを排除する。好酸球と好塩基球は、アレルギー反応などの関与し、リンパ球はウイルスの排除、免疫反応の主役を演ずる。それぞれ体を守る重要な役目を果たしている。

白血球
種類
画像  割合  直径 役割 寿命
好中球 好中球(白血球) 50~70% 12~
15μm
細菌類の捕食・殺菌 血液中で1日以内、組織内で数日
好酸球 好酸球(白血球) 2~
5%
 13

17
μm
寄生虫や虫卵を傷害する
アレルギー反応を引き起こしたり抑制したりする
 
好塩基球  好塩基球(白血球) 1%
以下
 0~15μm  アレルギー反応を引き起こしていると考えられるが詳細は不明  
リンパ球  リンパ球(白血球) 20~40%   6~15μm   B細胞:抗体(免疫グロブリン)産出  
ヘルパーT細胞:Bリンパ球に働きかけて形質細胞に分化させ、抗体(免疫グロブリン)産出をさせる。
サプレッサーT細胞:Bリンパ球の免疫グロブリン産生を抑制する。
キラーT細胞:腫瘍細胞・ウイルス感染細胞を障害する。
 週~年 
NK細胞:ナチュラルキラー細胞:腫瘍細胞・ウイルス感染細胞を傷害する。
単球  単球(白血球)  3~
6%
 20~30μm  単球は血液内に存在し、組織内に移動するとマクロファージか樹状細胞に変化する  数時間から数日
 マクロファージ マクロファージ(白血球)    20~50μm 寿命を迎えた赤血球・白血球・血小板や裸核・各種細胞などの細胞残屑と病原体の食作用(抱き込みと消化)、およびリンパ球に対する抗原提示、リンパ球の刺激、骨髄において幼若な赤血球の育成など  数日~数ヶ月、ときには数年

※画像をクリックすると白血球の詳しい情報を見ることができます。

白血球数の大幅な増減と疾患

 健康診断で血液検査をすると必ず赤血球、白血球、血小板は検査される項目です。前半で説明したとおり白血球は、細菌やウイルスなど外部からの侵略者に対して防衛するする機能があります。健康な人の体には、血液1μl(1Lの百万分の一)中に約6000個(4000~8000/μl)程度の白血球があり免疫システムを構築しています。
 この白血球が高すぎる、低すぎる状態が長期間続く場合には、病院で精密検査を受け医師による診断をお勧めします。白血球は、体内の免疫機能であり感染症(たとえば風邪や切り傷など)でも簡単に上昇します。このように白血球数が増加している状態は、体内に細菌やウイルスを排除させる為に体内の免疫システムが白血球の応援要請をして増殖しているので大きな問題はありません。
 また、盲腸(急性虫垂炎)のような激しい炎症では1μlあたり10000~20000と爆発的に上昇することがあります。この時、白血球の中でも好中球が増加しておりリンパ球は相対的に減少します。
 
 また、白血球の病気で思いつくものとしては白血病があります。白血病については血液の病気のコーナーでも説明していますが、血液(白血球)の腫瘍と呼ばれていますが、最近は色々な治療法が開発され「不治の病」のイメージが払拭されつつあります。白血球数は、ウィルス感染症ではリンパ球の比率(%)が増加し好中球は相対的に減少し、アレルギ-や寄生虫感染症では好酸球の比率(%)が増加します。この様に風邪や切り傷から白血病まで色々な理由で白血球数は高くなります。血液検査で白血球の検査結果の値が非常に高値や非常に低値であったり、長期間異常な値になったら是非とも病院に行って検査をし原因を追究して治療いたしましょう。

血液検査で白血球増加が大幅に増加したら

白血球数が上昇するものとしては、風邪などの感染症や切り傷などの外傷、アレルギーなどがあります。白血球が上昇する原因がはっきりしている場合には疾患の担当医師に相談を受け適切な治療を受けてください。もし、白血球が増えた原因がはっきりせず、白血球数の値が非常に高い場合には、白血病などの重い疾患である可能性もあるため血液内科への受診をすすめます。また、白血球は、普段から基準値よりも高値を示す方、激しい運動、温度などの外的要因、精神的なストレスなどの内的要因、妊娠などにより白血球が増えることもあります。

血液検査で白血球増加が大幅に減少したら

血液検査で白血球が減少する可能性の高いものをまとめました。白血球は、5つの種類に分類されますが好中球とリンパ球の減少は特に注意をしなければなりません。また、白血球値が減少する事は、減少する原因も様々ですがく、白血球数が低い状態は免疫力が低下し生命を維持する事も非常に厳しい状況に陥る可能性もあり医師の診断をなるべく早く受け検査される事を強くお勧めします。白血球が減少する可能性として考えられるのは、①)骨髄における白血球産生能力が低下した場合、②白血球の成熟障害により異常な白血球がつくられるために途中で死んでしまう場合(無効造血)、③白血球の破壊が亢進した場合、④白血病などの腫瘍性疾患により造血幹細胞が障害された場合があります。
また、好中球が0に近い状態にまで減少したものを無顆粒球症(むかりゅうきゅうしょう)と呼びます。顆粒球とは好中球、好酸球、好塩基球ですが、大半が好中球のためにこのように呼ばれます。

白血球の主な働きは免疫システム

  • 白血球は外部から進入した細菌やウイルスなどの異物を排除したり、役目を終えた細胞の排除などを役割をする造血幹細胞由来の細胞です。

  • 白血球の免疫メカニズムは、進入した細菌、異物などを貪食することで免疫効果を示しています。

  • 白血球は目的の場所まで、遊走性というアメーバ運動によって移動しますが、同じ白血球でも中性好性白血球が遊走性に優れています。しかし単核細胞は遊走性は鈍いですが、細菌を貪食する力は中性好性白血球の10倍あり強い免疫力を発揮する事ができます。

  • 白血球は、急性感染症の場合は中性好性白血球が、慢性の疾患症の場合には単核細胞が増殖するという特徴があります。

  • それ以外の白血球の働き(リンパ球の働きによる免疫による生体の防御作用です。)リンパ球の中でもTリンパ球(T細胞)とNK細胞は細胞免疫によって直接侵入した外敵やウイルス感染した細胞を攻撃する働きがあります。また、Bリンパ球(B細胞)は免疫グロブリンをつくることによって細菌、毒素などの作用を無力化する働きがあります。

  • 免疫グロブリンにはIgM, IgG, IgA, IgD, IgEの5種類がありアレルギーなどでご存知の方も多いかと思います。