ヘマトクリット値とは、全血液中に占める全血球容量の割合を言い、血液の濃縮度(血球成分と血漿成分との割合)を示します。

ヘマトクリット(Ht)健康診断で行う血液検査

ヘマトクリット値とは、全血液中に占める全血球容量の割合を言い、血液の濃縮度(血球成分と血漿成分との割合)を示します。全循環血液量と必ず比例しているものではありません。怪我や手術時などに大量に輸血を行い、失った血液を補う場合は変動しませんが、何らかの影響により、血液中の血漿量だけが増加した場合は、ヘモグロビン濃度が薄められる事になるため、ヘマトクリット値は変動することになります。このような状態を貧血状態と言います。これとは逆に、ヘマトクリット値が上昇し、多血症の場合には、心臓、肺の疾患や、腫瘍などの疑いがあります。

ヘマトクリット(Ht)は健康診断で行う血液検査で貧血がわかります

赤血球や赤血球に含まれているヘモグロビンの量が減少する事で、体が必要な酸素が送り届ける事ができず、動悸、眩暈などの症状が出る事があります。これを貧血といいます。貧血は、赤血球数が正常であっても、その赤血球に含まれるヘモグロビン量が十分に無い状態でも症状があらわれます。特に若い女性の貧血は、ヘモグロビンに含まれるヘム鉄が減少する事により発生する鉄欠乏性貧血であります。女性の場合月経(生理)の影響により毎月鉄分を失う事になりますので、若い女性の実に1/3~1/2は鉄分の欠乏による貧血症(またはその予備軍)ともいわれています。貧血と診断された方には、レバーやほうれん草などの鉄分を多く摂取しする事を指導します。出来れば。植物性の鉄分より動物性の鉄分の方が吸収効率がよく良くお勧めですが、レバーなど苦手な方も多いので無理しないで植物性や小魚など上手に摂取する事をすすめています。

赤血球やヘモグロビンが減少して起きる貧血について詳しく説明

赤血球やヘモグロビンが減少する事で起きる貧血について、詳しく説明をしています。
 (リンク) 赤血球やヘモグロビンが減少する事で起きる貧血について

ヘマトクリット(Ht)の基準値

生化学血液検査項目 基準値(参考値)
生化学血液検査名称 略称 数値 単位
ヘマトクリット Ht M 39.8~51.8
F 33.4~44.9
%
 

ヘマトクリット(Ht)検査の目的

ヘマトクリット値は一般的な血液検査項目になります。
ヘマトクリット値は主に貧血などの診断に使われます。

 

ヘマトクリット(Ht)検査は何を調べているのか

  • 血液中にある赤血球の割合を測定する検査です。
  • 血液の約45%は血球でその95%が赤血球であります。この割合を測定したものがヘマトクリットです。
  • 赤血球数やヘモグロビン量などと総合的に判断すべきですが、過少であれば貧血、多すぎる場合は多血症の疑いがあります。
  • なお、妊娠中の場合は、少なくなりますので、異常ではありません。
 

ヘマトクリット(Ht)の検査結果からわかる病気

ヘマトクリット(Ht)血液検査査結果が適正範囲より大きく乖離している場合には疾患の可能性がありますので、値が乖離した原因を診療機関で医師の診察を受けるようにしてください。

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 多血症
基準値より低値  貧血 ※貧血にも色々あります。
※詳しくは貧血のページを参照してください。
【備考】

(参考)赤血球関連血液検査による疑われる疾患

サイズ MCV
(fL)
MCH
(pg)
MCHC
(%)
疑われる疾患
正球性 80~100 26~34 32~36 溶血性貧血 再生不良性貧血 白血病 感染症 悪性腫瘍 肝・腎臓疾患など
小球性 <80 ≦25 <30 低色素性貧血 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 サラセミア症候群 無トランスフェリン血症など
大球性 >100 ≧35 ≧30 巨赤芽球性貧血 葉酸欠乏性貧血 非巨赤芽球性貧血 再生不良貧血 肝臓疾患など

赤血球やヘモグロビン量が減少する貧血は、原因によっていくつかの種類に分類されますが、前述の平均赤血球容積(MCV)と平均赤血球色素濃度(MCHC)の数値を比較することによって、それを診断することができます。

MCVが上昇しMCHCが正常

大球性正色素性貧血(悪性貧血といわれるものでビタミンB12や葉酸の不足が原因)。

MCVもMCHCも正常

正球性正色素性貧血(赤血球が脊髄で作られない再生不良性貧血、赤血球が破壊される溶血性貧血など)。

MCVもMCHCも低下

小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血のことで、鉄の欠乏によって起こり、貧血の大部分を占める)。

【関連項目】 
赤血球(RBC)ヘモグロビン(Hb)ヘマトクリット(Ht)MCVMCHMCHC
 

その他の健康診断の検査一覧

血液検査項目 血液検査結果からわかること
肥満度 肥満度(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。
血圧 脳卒中や心筋梗塞などの原因となる高血圧や、低血圧などを判定。測定値は、日によって、また時間によって変動するので、何回か測ることが必要。 





T-Cho 数値が高いと動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまう。脂や脂肪分を多くとりがちな食生活の欧米化の影響で、高い人が増加しています。
HDL-C 血管内に付着する脂肪分を取り除き、動脈効果を防ぐことから「善玉コレステロール」と言われています。低いと心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまいます。 
LDL-C 比重の低いリポ蛋白コレステロール。いわゆる悪玉のコレステロール。
中性脂肪 体内の脂肪の主な成分でエネルギーとして利用され、余った分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。肥満、食べ過ぎ、飲みすぎで上昇し、動脈硬化や脂肪肝の原因になります。 



赤血球数 血液中の赤血球数を調べ、低いと貧血が疑われます。生理出血の増加や、鉄分が不足している場合も低くなることがあります。
ヘモグロビン 赤血球の成分のひとつで、主に血液中の酸素を運搬する役割を果しています。
ヘマトクリット 血液中の赤血球の容積の割合(%)を表し、低い場合は貧血の疑いがあります。
白血球数 白血球は、外部から進入した病原体を攻撃する細胞で、高いと感染症や白血病、がんなどが疑われます。外傷がある場合や喫煙、ストレス、風邪などでも上昇します。


尿

尿たんぱく 尿中に排泄されるたんぱくを調べ、腎臓病などの判定に用います。激しい運動の後、過労状態のとき、発熱時などに高くなることもあります。
尿潜血 尿中に血液が出ていないか調べます。陽性の場合、腎臓病や尿路系の炎症が疑われます。
血液 クレアチニン 筋肉内の物質からつくられ、尿から排泄されるクレアチニンの量を測り、腎臓の排泄能力をチェックします。高い場合、腎機能障害や腎不全が疑われます。
痛風
検査
尿酸 尿酸は、細胞の核の成分であるプリン体が分解してできた老廃物です。代謝異常により濃度が高くなると、一部が結晶化し、それが関節にたまると痛風になります。 




ZTT 血清に試薬を加えると混濁する反応を利用して、血液の濁りぐあいを測定します。濁りが強いと数値は高くなり、慢性肝炎や肝硬変が疑われます。
血清酵素 GOT GOTとGPTはともに肝臓に多く含まれるアミノ酸を作る酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に漏れ、数値は高くなります。肝炎や脂肪肝、肝臓がんなど、主に肝臓病を発見する手ががりとなります。 
GPT
γーGTP アルコールに敏感に反応し、アルコール性肝障害を調べる指標となっています。 
ALP 肝臓、骨、腸、腎臓など多くの臓器に含まれている酵素で、臓器に障害があると血液中に流れ出ます。主に胆道の病気を調べる指標となります。
総たんぱく 血清中のたんぱく質の総量。高い場合は、慢性肝炎や肝硬変など、低い場合は、栄養不良や重い肝臓病が疑われます。
総ビリルビン ヘモグロビンから作られる色素で、胆汁の成分になっています。黄疸になると体が黄色くなるのはビリルビン色素が増加するためです。

尿
尿糖 尿の中に糖が出ているかを調べ、糖尿病を見つける指標のひとつとされています。陽性の場合は、糖尿病や膵炎、甲状腺の機能障害などの疑いがあります。
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖の数値(血糖値)を調べ、糖尿病をチェックします。糖尿病の疑いがある場合は、ブドウ糖付加試験を行います。 
HbA1c 血糖検査では、血液を採取したときの値しかわかりませんが、HbA1cは120日以上血液中にあるため、長時間にわたる血糖の状態を調べることができます。糖尿病の確定診断の指標に用いられたりします。
便潜血反応 大腸や肛門からの出血に反応し、陽性の場合、大腸のがんやポリープが疑われます。