HDLコレステロールは動脈硬化などを抑制する善玉コレステロールです。

HDLコレステロール(HDL)

HDLコレステロールとLDLコレステロールは同じコレステロールで非常に似た名前ですが、その働きは全く逆のものでHDLコレステロールを善玉コレステロール、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれています。コレステロールは脂質ですから、そのままでは血液中で水と脂のように分離してしまうことになります。そこで、血液中を流れるときには、タンパク質と結合してリポタンパク質という形で血液中のコレステロールは運搬されます。このリポタンパク質は比重によっていくつかの種類にわかれます。低比重のものをlow density lipoprotein(LDL、低比重リポタンパク)といい、高い比重のものをhigh density lipoprotein(HDL、高比重リポタンパク)といい他にもvery low density lipoprotein(VLDL、超低比重リポタンパク)、cylomicron(カイロミクロン、乳び脂球)があり4種類のリポタンパク質があります。

 

悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロール

上記で説明したとおりHDLコレステロールを善玉コレステロール、LDLコレステロールを悪玉コレステロールといいます。HDLコレステロール、LDLコレステロールこの2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしております。HDLコレステロールは、抹消組織にある余分なコレステロールを回収して肝臓にもどすはたらきがあり血管壁へのコレステロールの沈着をおさえる働きがあるため善玉コレステロールとも呼ばれています。一般的に、HDLコレステロール値の高い人は、心筋梗塞や脳梗塞など、動脈硬化がもたらす病気が起こりにくい傾向があります。HDLコレステロールが低下する原因としては、肥満、運動不足、糖尿病、喫煙などがあげられます。運動、食事、減量、禁煙など生活習慣を改善することが大切です。

HDLコレステロール(HDL)の基準値

生化学血液検査項目 基準値(参考値)
生化学血液検査名称 略称 数値 単位
HDLコレステロール HDL M 40~86
F 40~96
mg/dL
 

HDLコレステロール(HDL)検査の目的

HDLコレステロール血液検査は、健康診断や成人病検診など一般的な血液検査です。HDLコレステロールは善玉、LDLコレステロールは悪玉と言われています。その所以はHDLコレステロールは血中から肝臓へコレステロールを送る役割、それに対し、LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを血中へ送り出す働きを持っています。そのため、LDLコレステロールは動脈硬化の要因となり、HDLコレステロールはそれらを低減させるとされています。そのため、HDLコレステロールは低下するとリスクが高まり、LDLコレステロールは上昇するとリスクが高まります。

 

HDLコレステロール(HDL)検査は何を調べているのか

HDLコレステロールは、末梢血管内から肝臓へコレステロールを送り返す重要な役割を持っています。この働きは、HDLコレステロールが抗動脈硬化作用を有していることを示しており、冠動脈疾患(CHD)の予防目的として重要であります。

その働き故に、低HDLコレステロール血症は冠動脈疾患(CHD)の主要なリスク因子の一つとなっております。HDLコレステロールは主に肝臓、腸管で合成され蛋白質、脂質ともに50%から構成されます。さらに脂質はリン脂質23%、コレステロール20%、トリグリセライド(TG)5%などから構成されています。主要なアポタンパクはアポA-Ⅰ、A-Ⅱであります。HDLコレステロールの測定はこのHDL分画中のコレステロールを測定し、HDLコレステロールの総量および組成について知るための検査です。そのため動脈硬化性疾患における危険因子の検査や脂質代謝異常が想定されるときに有用とされています。

 

HDLコレステロール(HDL)の検査結果からわかる病気

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 上昇する疾患-① 一次性 : CETP欠損症、家族性高αリポ蛋白血症(長寿症候群)
上昇する疾患-② 二次性 : アルコール多飲、原発性胆汁性肝硬変、薬物投与(インスリン・高脂血症)、閉塞性肺疾患
基準値より低値 減少する疾患-① 一次性 : Tangier病、魚眼病(fish-eye disease )、LPL欠損症、LCAT 欠損症、アポA -1 異常症
減少する疾患-② 二次性 : 肝硬変、薬物投与(サイアザイド)、ネフローゼ症候群、慢性血液透析、肥満、糖尿病、甲状腺機能異常、高リポ蛋白血症(I,II,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ型)、冠動脈硬化症、慢性腎不全
【備考】

2007年に日本動脈硬化学会から5年ぶりの改訂版が発表され、「高脂血症の診断基準」から「脂質異常症の診断基準」と名称が変更されました。 脂質異常症の診断基準では、動脈硬化性疾患リスクの高い集団をスクリーニングするために、診断基準としてLDL-コレステロールを140mg/dlとして採用し、総コレステロールについては診断基準から除去されました。

【関連項目】 
総コレステロールHDLコレステロールLDLコレステロール中性脂肪
 

HDLコレステロール値が異常であった人は生活改善が必要です

総コレステロールなど血中脂質が高い人の事を脂質異常症と呼びます。この脂質異常症は以前まで高脂血症と呼ばれていたもので血液中の脂質が高い状態の事をいいます。脂質異常症みたいに血液中の脂質が高い事は、血管内の動脈が硬くなる動脈硬化のリスクが非常に高くなると言われています。気づいたときには手遅れにならないよう日ごろから無理なく体質改善をしませんか?そんな方の為に高脂血症の専門ページを作りました。ぜひ参考にして体質改善に役立ててください。

脂質異常症(高脂血症)専用ページ

 

動脈硬化性疾患診療ガイドライン2007年

脂質異常症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血) 治療方針の原則は以下の通り

  • 高LDL-コレステロール血症:LDL-コレステロール≧140mg/dl
  • 低HDL-コレステロール血症:HDL-コレステロール<40mg/dl
  • 高トリグリセリド血症:トリグリセリド≧150mg/dl
  • 高コレステロール血症:総コレステロール≧220mg/dl
 

治療方針の原則は以下の通り

 一次予防 LDL-C以外の危険因子  LDL-C  HDL-C  TG
まず生活習慣の改善を行った後、薬物治療の 適応を考慮する    Ⅰ(低リスク群) 0  <160  ≧40  <150
 Ⅱ(中リスク群) 1~2 <140  ≧40  <150
 Ⅲ(高リスク群) 3以上  <120  ≧40  <150
 二次予防 LDL-C以外の危険因子  LDL-C  HDL-C  TG
 生活習慣の改善とともに薬物治療を考慮する  冠動脈疾患の既往  <100 ≧40   <150
【備考】
脂質管理と同時に他の危険因子(喫煙、高血圧や糖尿病の治療など)を是正する必要がある。LDL-C値以外のリスクは、加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、低HDL-C血症(<40mg/dl)
 ・糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はカテゴリーⅢとする。
 ・家族性高コレステロール血症については別に考慮する。
 

HDLコレステロール値が低い方の生活改善紹介

HDLコレステロールを増やす方法として、習慣的な運動を行うことが進められています。また、食事においては、これ!と言った増やすための食事療法はありませんので、普段から中性脂肪を摂りすぎない、脂肪を摂りすぎないということが重要です。

 

運動でHDLコレステロールを増やす

食事で増やすことが難しいHDLコレステロールは運動が有効です。特に有酸素運動が有効であるといわれています。有酸素運動は、必ず走らなくてはならないとお思いの方多いと思いますが、必ずしもそうではなく、毎日とにかく歩くことが大切で、歩く歩数が多ければ多いほど、HDLコレステロールが増える傾向にあるといわれています。

 

食事でHDLコレステロールを増やす

現在、HDLコレステロールを増加させる食品は見つかっていません。そのため、悪玉コレステロールのLDLコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)を減らすことが重要であるといわれています。LDLコレステロールの数値が低下することで、HDLコレステロールとの比率が維持されるためです。このことにより脂質異常症の改善、そして動脈硬化の改善につながると考えられています。

そのほかにも、食物繊維をたくさん摂ることで、コレステロールの低下につながることが知られていますので、食物繊維が豊富な食品を摂ることが大切です。また、油脂の選択として植物油(特にシソ油)にはコレステロールを抑制する働きがあります。そして、DHA、EPAを多く含んだ青味の魚を摂ることもお忘れなく

 

総コレステロール値が高い方にも運動がおすすめ

適度な運動は血液中の総コレステロールや中性脂肪を減らすと同時にHDL(善玉)コレステロールを増やす効果があります。運動療法はウォーキングが最も向 いています。体への負担が少なく手軽にできる理想的な有酸素運動です。約10000歩のウォー キングで300kcalの消費を期待できます。日本人の平均的な一日の歩行数は約7000歩です。エレベーターを使わず歩くなど、歩行数を増やす心がけを!!    

 

その他の健康診断の検査一覧

血液検査項目 血液検査結果からわかること
肥満度 肥満度(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。
血圧 脳卒中や心筋梗塞などの原因となる高血圧や、低血圧などを判定。測定値は、日によって、また時間によって変動するので、何回か測ることが必要。 





T-Cho 数値が高いと動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまう。脂や脂肪分を多くとりがちな食生活の欧米化の影響で、高い人が増加しています。
HDL-C 血管内に付着する脂肪分を取り除き、動脈効果を防ぐことから「善玉コレステロール」と言われています。低いと心筋梗塞や脳梗塞などの病気を誘発してしまいます。 
LDL-C 比重の低いリポ蛋白コレステロール。いわゆる悪玉のコレステロール。
中性脂肪 体内の脂肪の主な成分でエネルギーとして利用され、余った分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。肥満、食べ過ぎ、飲みすぎで上昇し、動脈硬化や脂肪肝の原因になります。 



赤血球数 血液中の赤血球数を調べ、低いと貧血が疑われます。生理出血の増加や、鉄分が不足している場合も低くなることがあります。
ヘモグロビン 赤血球の成分のひとつで、主に血液中の酸素を運搬する役割を果しています。
ヘマトクリット 血液中の赤血球の容積の割合(%)を表し、低い場合は貧血の疑いがあります。
白血球数 白血球は、外部から進入した病原体を攻撃する細胞で、高いと感染症や白血病、がんなどが疑われます。外傷がある場合や喫煙、ストレス、風邪などでも上昇します。


尿

尿たんぱく 尿中に排泄されるたんぱくを調べ、腎臓病などの判定に用います。激しい運動の後、過労状態のとき、発熱時などに高くなることもあります。
尿潜血 尿中に血液が出ていないか調べます。陽性の場合、腎臓病や尿路系の炎症が疑われます。
血液 クレアチニン 筋肉内の物質からつくられ、尿から排泄されるクレアチニンの量を測り、腎臓の排泄能力をチェックします。高い場合、腎機能障害や腎不全が疑われます。
痛風
検査
尿酸 尿酸は、細胞の核の成分であるプリン体が分解してできた老廃物です。代謝異常により濃度が高くなると、一部が結晶化し、それが関節にたまると痛風になります。 




ZTT 血清に試薬を加えると混濁する反応を利用して、血液の濁りぐあいを測定します。濁りが強いと数値は高くなり、慢性肝炎や肝硬変が疑われます。
血清酵素 GOT GOTとGPTはともに肝臓に多く含まれるアミノ酸を作る酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に漏れ、数値は高くなります。肝炎や脂肪肝、肝臓がんなど、主に肝臓病を発見する手ががりとなります。 
GPT
γーGTP アルコールに敏感に反応し、アルコール性肝障害を調べる指標となっています。 
ALP 肝臓、骨、腸、腎臓など多くの臓器に含まれている酵素で、臓器に障害があると血液中に流れ出ます。主に胆道の病気を調べる指標となります。
総たんぱく 血清中のたんぱく質の総量。高い場合は、慢性肝炎や肝硬変など、低い場合は、栄養不良や重い肝臓病が疑われます。
総ビリルビン ヘモグロビンから作られる色素で、胆汁の成分になっています。黄疸になると体が黄色くなるのはビリルビン色素が増加するためです。

尿
尿糖 尿の中に糖が出ているかを調べ、糖尿病を見つける指標のひとつとされています。陽性の場合は、糖尿病や膵炎、甲状腺の機能障害などの疑いがあります。
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖の数値(血糖値)を調べ、糖尿病をチェックします。糖尿病の疑いがある場合は、ブドウ糖付加試験を行います。 
HbA1c 血糖検査では、血液を採取したときの値しかわかりませんが、HbA1cは120日以上血液中にあるため、長時間にわたる血糖の状態を調べることができます。糖尿病の確定診断の指標に用いられたりします。
便潜血反応 大腸や肛門からの出血に反応し、陽性の場合、大腸のがんやポリープが疑われます。