カルシトニン(CT) は甲状腺髄様癌にて高値を示します。

カルシトニン(CT)|腫瘍マーカー

カルシトニン(CT) とは、哺乳類では甲状腺の傍濾胞細胞のC細胞(calcitonin cellsの略)などから分泌される32アミノ酸残基を有するペプチドホルモンである。動物種によりそのアミノ酸構成は大きく異なる。P.E. Hirschにより1963年に発見された。ヒトにおいては甲状腺C細胞以外でも産生されるため、甲状腺を全摘出した後でも血中に検出される。 半減期が短く、このため高カルシトニン状態は持続しにくい。血中カルシトニン高値の場合は、甲状腺髄様癌を疑うべきである。カルシトニンは血中のカルシウム濃度の上昇により分泌が促進され、カルシウム濃度が低下すると分泌が抑制される。カルシトニンは破骨細胞に存在するカルシトニン受容体に作用して骨からのカルシウムの取り込みを抑制し、骨へのカルシウムとリン酸の沈着を促進する。尿中へのカルシウムとリン酸の排泄を促進する作用も有する。また長期的には、新たな破骨細胞の形成を抑制して、骨形成作用を相対的に増加させる。腎臓に対しては薬理的用量では腎臓のカルシウム排泄を増加させるが、生理的用量では腎臓のカルシウム排泄を減少させる。生体内でカルシトニンと拮抗する作用を持つ物質は、上皮小体から分泌されるパラトルモン (PTH)である。カルシトニンはガストリン、コレシストキニン、ドーパミン、エストロゲンにより分泌が促進される。カルシトニン受容体は細胞膜上にある膜7回貫通のGタンパク質共役受容体で、Gsサブユニットを介してアデニル酸シクラーゼと結合しており、カルシトニンが結合することで細胞内のcAMPが増加する。カルシトニン受容体は破骨細胞や前破骨細胞に多く発現している。

カルシトニン(CT)の基準値

血液検査項目 基準値(参考値)
血液検査名称 略称 数値 単位
 calcitonin CT 1.6~5.5 μg/mg・Cr

カルシトニン(CT)検査の目的

カルシトニン(CT) とは甲状腺から分泌されるペプチドで、血中カルシウム濃度を低下させる作用がある。甲状腺髄様癌にて高値を示します。

カルシトニン(CT)で何を調べている

カルシトニン(CT)は分子量3,600、アミノ酸32個から成るペプチドホルモンである。ヒトでは、主に甲状腺C細胞(傍濾胞細胞)より分泌され、副甲状腺ホルモンとともにカルシウムの調節にかかわり、血中カルシウムを低下させる働きがある。また、腎での無機リン排泄促進による血清リン低下、破骨細胞の骨吸収を抑制して骨カルシウム含有量を保持するなどの働きがある。正所性ホルモン産生腫瘍である甲状腺髄様癌で多量に分泌され、肺小細胞癌やカルチノイド症候群などの異所性カルシトニン産生腫瘍でも腫瘍からの産生がみられる。また、甲状腺髄様癌が疑われる患者で予想外の低値であった場合は、カルシウム負荷試験やガストリン負荷試験を行う。甲状腺髄様癌患者では正常者に比べ反応が過大である。加齢により低下する傾向があり、性差においては有意ではないが男性の方が高値を示す傾向がある。また、慢性腎不全では排泄不良等の原因で著しい高値を示すことが多い。

カルシトニン(CT)でわかる病気

カルシトニン(CT)腫瘍マーカー血液検査結果が適正範囲より大きく乖離している場合には疾患の可能性がありますので、値が乖離した原因を診療機関で医師の診察を受けるようにしてください。

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 甲状腺髄様癌、肺小細胞癌、カルチノイド症候群、褐色細胞腫、骨髄腫、慢性腎不全 など
基準値より低値 甲状腺全摘症例などで低値を示すが、低値側での臨床的意義はほとんどない
【備考】

食事により刺激を受けるため、早朝空腹時に採血するのが望ましい。

【関連項目】
副甲状腺ホルモンintact(PTH-intact)、副甲状腺ホルモンC末端(PTH-C端)、高感度PTH(HS-PTH)、副甲状腺ホルモンwhole(whole PTH)、1α,25-(OH)2ビタミンD【ビタミン】、25-OHビタミンD【ビタミン】、カルシウム(Ca)、無機リン(P)、サイログロブリン(Tg)、オステオカルシン(BGP) 〈血清〉