悪性貧血(巨赤芽球貧血)とは、ビタミンB12、葉酸の欠乏によっておこる大球性高色素性貧血です。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の症状、原因、治療

 悪性貧血(巨赤芽球貧血)とは、ビタミンB12、葉酸の欠乏によっておこる大球性高色素性貧血です。
ビタミンB12は動物性食品中に含まれ、胃液中の内因子と結合してから回腸で吸収され、トランスコバラミンと結合して体内を運ばれ、葉酸と協力して体細胞の分裂成熟、神経組織の代謝に必須のものです。胃液中の内因子が欠乏したり、胃を全部切除したり、あるいは妊娠などで消費が増加した場合、または腸内細菌によって摂取され尽くしたりすると、欠乏して貧血をおこします。

 この際は白血球も血小板も減少する。骨髄の中は、分裂成熟のできない大きい赤芽球(巨赤芽球)や顆粒球などで満たされます。この場合は悪性貧血(巨赤芽球性貧血)といわれます。そのほかの症状として、脊髄索が冒されて歩行ができなくなったり、脳細胞が変性して精神症状が現れる。舌粘膜が萎縮して舌炎(ハンター舌)、下痢などの消化不良、胃の塩酸が完全に消失し、白毛、黄疸、出血傾向を伴う。葉酸は緑色野菜に多く含まれ、小腸から吸収されます。
 欠乏することはまれですが、アルコール中毒者、吸収不全症などでみられることがあり、また妊娠時にも欠乏しやすい傾向にあります。神経症状を欠くほかはビタミンB12欠乏と同様であるが、B12欠乏は高齢者におこるが、葉酸欠乏は全年代におこりうる。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の原因

 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の原因は、萎縮性胃炎は自己免疫によると考えられています。悪性貧血の患者には抗内因子抗体や抗壁細胞抗体が認められることが多い。その他にも副腎皮質ステロイドで萎縮が改善することや他の自己免疫疾患の合併も見られることなどがある。
 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)は、ビタミンB12の欠乏によって引き起こされる、自己免疫疾患性の貧血です。体内にビタミンB12が足りなくなると赤血球の生産量が減少して貧血になります。原因としては、ビタミンB12を吸収するための内因子が分泌されていない、もしくは、吸収を阻害する物質が分泌されている、という2つの理由が挙げられます。そのため、ヘモグロビンをつくる鉄をしっかり摂取していても貧血が改善されない、という人や血液検査でヘモグロビンの生産量はあるのに赤血球数が少ないという人は悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の疑いが考えられます。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の症状

 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の症状は、ビタミンB12や葉酸の欠乏症に似た症状が出ます。それはこれらが細胞の核内にあるDNAを合成するのに必要なもので、赤血球の産生の際に細胞の分裂・増殖がうまく進まず途中で死滅してしまいます。
 そして骨髄中には赤血球になれなかった前段階の赤芽球(巨赤芽球)がたくさんたまってきます。よってこの貧血の事を悪性貧血(巨赤芽球性貧血)といいます。ビタミンB12は赤芽球生成のほか、上皮細胞、胃粘膜、神経細胞の成長にも関係しており、悪性貧血では舌の痛み(舌炎)、萎縮性胃炎や知覚障害も生じてきます。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の診断

 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の診断は、静脈より10mlほど採血して血液検査をします。そのほか、骨髄検査、肝機能検査、便の検査なども行います。特に骨髄液の検査で、巨赤芽球が検出されると病名が確定されます。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)で行う血液検査

悪性貧血の検査

血算 MCVが高値、MCHCが正常値を示す大球性正色素性貧血となる。白血球や血小板も減少し、汎血球減少となる。過分葉好中球が増加する。
骨髄 過形成であり、巨赤芽球、巨大後骨髄球、多核巨核球などを認める。
生化学  無効造血により細胞内の物質が血液中に出るため、間接ビリルビン、LDH、リゾチームの上昇、ハプトグロビンの低下を認める。ビタミンB12は低値となる。ビタミンB12の不足によりメチルマロニルCoAからスクシニルCoAへの代謝が障害されるため、メチルマロン酸が増加する。
鉄代謝  造血自体は亢進するものの無効造血のために鉄が十分利用されないことを反映して、血漿鉄消失時間の短縮、血漿鉄交替率の上昇、赤血球鉄利用率の低下を認める。
免疫 抗内因子抗体や抗壁細胞抗体陽性。
胃液 胃液の分泌が低下する。
上部消化管内視鏡 胃粘膜の萎縮を認める。
シリング試験  放射性ビタミンB12(57Co-VB12)を経口投与して非放射性ビタミンB12を筋注し、尿中の放射性ビタミンB12の活性を調べる試験。正常なら7%であるが、悪性貧血ではビタミンB12の消化管での吸収が障害されているために5%以下となる。内因子を同時に投与すれば尿中放射性ビタミンB12活性は正常値となる。
 

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の治療

 悪性貧血を治療するには、まずビタミンB12欠乏か葉酸欠乏かを調べる必要があります。これは血液検査で調べる事ができるほか、骨髄を調べて巨赤芽球があれば確定されます。
 悪性貧血は基本的に鉄欠乏性貧血と考え方が同じで、不足しているビタミンB12か葉酸を補給すれば治ります。 ただしいくら大量のビタミンB12を摂取したとしても、胃に存在するビタミンB12の吸収を助ける内因子がなければ吸収はされません。
 そのため内因子が欠乏している患者にはビタミンB12の錠剤を投与しても効果はなく、吸収に内因子を必要としない筋肉注射という方法をとります。通常、ビタミンB12を1日あたり500~1000μg注射し、これを1週間続け、以後2~3ヶ月に1回投与する事で悪性貧血は完全に治ります。
 ただし、胃に内因子がない場合はビタミンB12の注射を一生続ける必要があります。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の治療期間と予後

適切な治療を行えば貧血は回復します。しかしながら神経症状は貧血と比べ回復が遅く、非可逆的となることがあるため早期発見・治療が重要です。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の予防

 適切な治療を行ビタミンB12は葉酸と協力して、赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。不足すると造血がうまくいかず、赤血球が減ったり、異常に巨大な赤血球ができてしまい、悪性貧血になります。昔は治りにくかったので悪性と呼ばれました。現在では、不足している葉酸やビタミンB12を補給すればよくなることがわかっており、けっして悪性の病気ではありません。B12欠乏による悪性貧血になると、からだがだるく、めまい、動悸、息切れがするほか、手足がしびれたり、ふさぎこんだりと神経症状や精神症状もおこります。これはB12が、神経にとっても重要なはたらきをしているからですえば貧血は回復する。しかしながら神経症状は貧血と比べ回復が遅く、非可逆的となることがあるため早期発見・治療が重要となります。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)によい漢方薬

初期から中期にかけて使用します
十全大補湯
(じゅうぜんたいほとう)
体力が衰え、だるく疲れやすく、顔色(血色)も悪い場合に。重い貧血に用いる。
四君子湯
(しくんしとう)
比較的体力が弱く、疲れやすく、食欲不振があり、食後に眠くなるタイプに。
六君子湯
(りっくんしとう)
胃アトニータイプ(胃壁の筋肉の緊張が低下している状態)で、食欲がなく、顔色も悪い場合に。
加味帰脾湯
(かみきひとう)
体力がなく、倦怠感が強くて眠れず、気分が沈みがちで食欲がないときの貧血に。
当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん) 
女性の貧血で、ふだんから月経量が多い人や妊娠時に使う。
人参養栄湯
(にんじんようえいとう)
全身の倦怠感、貧血、食欲不振、精神不安、寝汗、便秘に効果を現します。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)によいサプリメント