副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の測定は、コルチゾール分泌異常の診断に有用です。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH:AdrenoCorticoTropic Hormon)は、下垂体前葉で合成・分泌されるホルモンです。副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の調整は、視床下部から分泌されるコルチコトロピン放出ホルモン(CRH)と副腎のグルココルチコイド(GC)によるネガティブフィードバックにより行われます。しかし、各種アミノ酸類やストレスによっても副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)分泌が促進されます。副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生理作用は、副腎皮質に対し、ステロイドホルモンの合成を促す働きや、脂質分解作用やメラニン色素生成等の働きなどがあります。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の基準値

生化学血液検査項目 基準値(参考値)
生化学血液検査名称 略称 数値 単位
副腎皮質刺激ホルモン ACTH 7.2~63.3 pg/ml
 

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)検査の目的

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の測定は、コルチゾール分泌異常の診断に有用です。コルチゾールと合わせて検査を行う事でより詳細な情報を得る事が出来ます。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)検査は何を調べているのか

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は、下垂体前葉でα-メラニン細胞刺激ホルモン(α-MSH)、脂肪代謝に関連するβ-リポトロピン、脳内ホルモンの一つと言われているβ-エンドルフィン等と共通の前駆体です。その分布つは、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)放出因子やストレスによって促進され、副腎から分泌されるグルココルチコイドの分泌によるネガティブフィードバックにより分泌が抑制されます。検査の意義は、視床下部、下垂体、副腎皮質の異常の有無と程度を知る上で重要な検査です。

 

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の検査結果からわかる病気

検査結果 考えられる原因と疾患の名称
基準値より高値 副腎性器症候群、クッシング病、アジソン病
基準値より低値 シモンズ病、ステロイドホルモン大量長期投与後、シーハン病、副腎皮質腫瘍によるクッシング症候群
【備考】

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の測定は一般的に、コルチゾールの測定と併せて行われます。

【関連項目】 
副腎皮質刺激ホルモンコルチゾールレニン活性アルドステロン甲状腺刺激ホルモン甲状腺ホルモンFT3甲状腺ホルモンFT4副甲状腺ホルモン黄体形成ホルモン卵包刺激ホルモンインスリン

副腎皮質刺激ホルモン ページ見出し

内緒でエイズ検査が出来る

生化学検査リスト

血液大辞典メニューリスト

血液検査項目

外部リンク集

当サイトについて

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索