貧血の原因は、赤血球や赤血球に含まれるヘモグロビンの能力が低下することによるものです。

貧血の原因と治療について

貧血の原因は、酸素を運搬する赤血球や赤血球に含まれるヘモグロビンの能力が低下をする事により貧血の症状が現れます。赤血球は、鉄を含むヘモグロビンというタンパク質から構成されています。しかし、何らかの原因により、鉄が不足することで赤血球が減少して酸素供給能力が低下をし貧血が起こります。日本人の多くがなる鉄欠乏性貧血の原因は、食事のバランスが悪い、偏食、食事を減らすダイエットなどにより食事に含まれる鉄量の減少や吸収に必要なビタミンなどが不足することで鉄が不足します。また、他にも原因として。鉄は胃で消化され小腸で吸収されますが、胃の摘出や疾患などにより胃酸が不足することで吸収される量が減少してしまいます。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がん、出血を伴う痔など慢性的な出血があることでも鉄が不足すると貧血の原因となります。
多くの女性がなる鉄欠乏性貧血の原因は、女性のライフスタイルと密接な関係があります。女性は、毎月の生理による出血は約40mLと言われ、鉄としては20mg失うことになります。鉄は体内で合成できないことから食事から摂取する必要があります。成人で必要とされる鉄量は1日あたり1mgとされていますが、消化管からの鉄の吸収率は10%とされることから、10mgとる必要があります。特に生理のある女性や成長期の方は1日あたり12mg、妊婦さんは18mgくらいの鉄の摂取が必要となりますが、体内にある鉄は約4gと言われます。その大半の2/3は血液中の特に赤血球に存在し、一部は皮膚や筋肉、消化器といった組織、残りは肝臓や脾臓に貯蔵されています。健康状態では鉄の吸収と排泄、貯蔵のバランスが取れていますが、上記のような理由が体内の鉄欠乏の原因となり赤血球の酸素輸送能力が低下をし貧血の症状があらわれてきます。

貧血の症状

貧血は、酸素の供給能力が低下する事が原因で全身の臓器組織の酸素欠乏の症状を引き起こします。その為、どの臓器も機能が低下するが、とくに酸素消費の多いところが先に貧血の症状が現れやすいです。貧血の症状が現れやすい臓器(器官)としては、中枢神経(脳)、心筋、呼吸器(肺)、消化器(胃腸)、生殖器(卵巣)などで、運動時には全身の筋肉もあてはまります。したがって、貧血としての症状は、頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、注意力低下、集中力低下、傾眠(強い眠気)、記憶力の低下低下、心悸亢進(動悸)、狭心症様の胸痛、呼吸困難、息切れ、食欲不振、下痢、便秘、生理不順、疲労、倦怠、肩こり、そしてさらに浮腫(むくみ)が出やすくなり、最低血圧が下降し、心臓が拡張して雑音が出現し、静脈でも雑音が聞かれるようになります。また、顔は蒼白、粘膜も蒼白く、唇の鮮やかな赤みが消失するのも特徴です。貧血がゆっくり進行するときは、体がそれに慣れて順応していくために、自覚症状は軽く、赤血球が200万個以下になっても、普通に仕事をしている例もあります。しかし、運動時、歩行時、階段を昇るときなどには、かならず動悸とか呼吸困難、胸痛などが出現し、運動を停止しても健康者のように速やかに元に戻ることはなく、回復するのに時間がかかります。

貧血の原因と対策

貧血の症状を改善する為には、原因を調べる事が重要です。鉄が欠乏して起こる鉄欠乏性貧血は、鉄剤を服用することで改善されます。 服用から2週間くらいでヘモグロビンが増えることから、1~2カ月くらいすると症状が改善されてきます。鉄欠乏による貧血の症状が出ていることは貯蔵していた鉄も少なくなっているため、服用の中止をするとまたすぐに症状がぶり返してしまうことがあります。貯蔵鉄が十分に回復するまでさらに1~2カ月くらい服用する必要があります。服用の終了は検査の結果をみて、医師に決めてもらうようにしましょう。薬剤で貧血が改善しからも、鉄欠乏となった生活習慣を改善することが再発の予防となります。食事はバランスよくとることが大切です。鉄分だけ取ればよいのではなく、ビタミンやその他の栄養素をバランスよくをとることが大切です。偏った食事やインスタント食品、また食事を抜いたりすることは鉄分の不足だけでなく、さまざまな栄養素の欠乏となりかねません。忙しい、ダイエットなどでバランスの良い食事をとれない時はサプリメントなど利用することもよいでしょう。

貧血の種類、貧血の原因と治療について

貧血とは、体内で必要をする酸素が十分に供給する事ができず、酸素欠乏により様々な症状があらわれる少々です。ですので、貧血を起こす原因は、様々あり、その原因を解決しなければいけません。鉄が欠乏をする事が原因で様々な症状を起こす事が多く鉄剤などの服用で一時的には症状の改善をします。しかし、根本的な原因を解決しない限り症状は再発をします。貧血は、様々な疾患の症状でもあり、原因を調べる事で重篤な病気に発見する事ができるかもしれません。その為にも病院でしっかり検査をし原因を調べて必要ならば治療を受ける事がお勧めです。

鉄欠乏性貧血の症状と原因、治療方法

 鉄欠乏性貧血は、日本人の発生頻度が高い貧血です。ヘモグロビンのヘムをつくるために鉄は必須の物質でありますが、鉄分鉄分が欠乏する事により小球性低色素性貧血の原因になります。食品中に10~20ミリグラム含まれている鉄分は、胃内の消化でイオン化され、おもに十二指腸で吸収されたのち、トランスフェリンに結合して運ばれる。おもに骨髄でヘモグロビン合成に用いられるほか、一部は筋肉のミオグロビン、ヘム酵素の合成にも用いられ、不必要な分は貯蔵されます。そして1日に1ミリグラムぐらいが、爪、毛髪、剥離する上皮細胞などに混じって体外に出ていきます。出血があると、大量の鉄を喪失するほか、妊娠、分娩、授乳を経験するたびに約1000ミリグラム(貯蔵鉄量とほぼ同量)が失われます。また、思春期には体の成長に伴う造血促進により鉄の必要量が増加をします。このような鉄の代謝、需要量の増加などが原因で鉄分が欠乏する思春期から閉経期までの女性は月経に伴う鉄欠乏に傾きやすいのが特徴です。また、男女ともに原因として重要なものは、癌、潰瘍、痔などによる出血で、女性では子宮筋腫が原因で症状があらわれる事もおおい。鉄欠乏性無力症として、強い無力感、倦怠感、疲労感があり、ヘム酵素欠乏のために爪の扁平脆弱化、スプーン様の変形がみられ、口角のびらん、白毛のほか、咽頭、舌、食道入口部の粘膜の異常による嚥下痛などが特有で、これらは貧血がなくても鉄欠乏のみでも出現するので注意を要する。診断には、貧血の性質をみて、血清鉄、トランスフェリン、フェリチン(貯蔵鉄)を測定して参考にするが、血清鉄の著減と、トランスフェリンの増加、フェリチンの著減がみられる。

巨赤芽球貧血(悪性貧血)の症状と原因、治療方法

巨赤芽球貧血(悪性貧血)とは、ビタミンB12、葉酸の欠乏が原因で起きる貧血です。ビタミンB12は動物性食品中に含まれ、胃液中の内因子と結合してから回腸で吸収され、トランスコバラミンと結合して体内を運ばれ、葉酸と協力して体細胞の分裂成熟に役だっています。また、神経組織の代謝に必須のものである。胃液中の内因子が欠乏したり、胃を全部切除したり、あるいは妊娠などで消費が増加した場合、または腸内細菌によって摂取され尽くしたりする事が欠乏の原因で貧血をおこします。この際は白血球も血小板も減少します。骨髄の中は、分裂成熟のできない大きい赤芽球(巨赤芽球)や顆粒球などで満たされる。この場合は巨赤芽球性貧血ともいわれる。そのほか、脊髄索が冒されて歩行ができなくなったり、脳細胞が変性して精神症状が現れます。舌粘膜が萎縮して舌炎(ハンター舌)、下痢などの消化不良、胃の塩酸が完全に消失し、白毛、黄疸、出血傾向を伴う。葉酸は緑色野菜に多く含まれ、小腸から吸収される。欠乏することはまれであるが、アルコール中毒者、吸収不全症などでみられることがあり、また妊娠時にも欠乏しやすい。神経症状を欠くほかはビタミンB12欠乏と同様であるが、B12欠乏は高齢者におこるが、葉酸欠乏は全年代におこりうる。

溶血性貧血の症状と原因、治療方法

溶血性貧血とは、赤血球の異常が原因によって起きる貧血です。血球細胞の1つでもある赤血球の寿命は、120日であるが、寿命まで保てないで崩壊するために貧血の症状が起きます。その原因は多いが、先天的に球状赤血球や楕円赤血球をつくるもの、また先天的に赤血球酵素の欠乏した場合、後天的に赤血球抗体ができた場合、血液毒が作用した場合、心臓とか血管に異常のある場合、異常血色素症、やけどなどである。もっとも多いのは遺伝的球状赤血球症と、後天的自己免疫性溶血性貧血です。貧血とともに溶血性黄疸を併発し、先天性のものは小・中学生時代から症状が現れ、脾腫を伴い、胆石の合併が多いです。


再生不良性貧血の症状と原因、治療方法

 再生不良性貧血とは、赤血球を作る 骨髄 そのものが障害を受けたり、赤芽球(赤血球のもと)に原因があって、 赤血球が十分に作られなくなったために起こる貧血です 。骨髄の障害が原因である為、白血球や血小板の数も著しく減少します。

腎性貧血の症状と原因、治療方法

 腎性貧血とは腎臓の疾患が原因によって起きる貧血です。腎臓は様々なホルモンを分泌しています。そのひとつに赤血球をつくるはたらきを促進するエリスロポエチンというホルモンがあります。腎臓のはらたきが低下すると腎臓からのエリスロポエチンの分泌が減り、赤血球をつくる能力が低下することで貧血になります。

鉄欠乏貧血の原因とその予防法について

無理なダイエットが原因で貧血になります

 思春期から閉経前までの女性に多くあらわれます鉄欠乏性貧血は、無理なダイエットや偏食により食事から摂取する鉄分不足が原因がおおいです。ダイエット等により瞬間的には「体重が減った!」と喜びでいっぱいになれるかもしれませんが、過食や拒食などの症状や女性の場合は生理が止まってしまったり、など深刻な問題が起こってしまったウワサをよく耳にします。ですので、食事制限や、無理をした運動など過度なダイエットはできるだけ控えたいものです。鉄分を大量に摂取する事で一時的に症状は改善しますが、特に生理と美への意識から無理なダイエットをする事で時間の経過とともに症状が再発します。ですので、貧血の原因となるダイエットは無理なく継続的に行い、不足しがちな鉄分などの栄養素はしっかり補給しながら行う事がポイントです。短時間で大幅な原料を行うダイエットは体への負担も大きくおすすめはできません。

鉄分の多くは体内でリサイクル、不足分を補う事が貧血予防

私たちの血液中に鉄は多く含まれております。これは、ヘモグロビンといいまして赤血球のタンパク質に鉄が結合をする事で酸素を輸送する能力を持っています。赤血球は血液細胞であり寿命があります。寿命がきた赤血球は、体内で破壊されますが、鉄分はリサイクルされる仕組みがあります。その為、体内にある多くの鉄分は、、尿や便には含まれずリサイクルされます。私たち日本人がなる鉄欠乏性貧血は、継続的な失血が一番の原因だと考えられます。鉄分が効率よく吸収ができなくなる胃腸系の疾患(胃潰瘍や十二指腸潰瘍)も考えられます。胃腸に障害があり、食事から摂取した鉄分を効率よく吸収できなくなりますので注意が必要です。鉄欠乏性貧血の多くは女性であり、その原因は生理による失血があげられます。毎月、生理による鉄分喪失はおおきいです。その失った鉄分を食事から補給しなければ、貧血の症状を予防(緩和)する事が可能です。